既存建物地盤保証

  • 引渡し後5年以上の建物であれば、現状レベルチェックで保証可能に!

  • 保証期間は20年間で更新不可。

  • 保証額は1,000万円。

既存建物地盤保証とは

主に新築の建物に限定されていた地盤保証を既存に住宅・店舗等の建物にも適用した保証です。地盤保証の契約満了期限が近い、地盤保証未契約、中古売買といった建物にも地盤保証を付保、地盤安心な建物であることを設定できるとともに資産価値の証明にも有効です。

中古住宅流通に新たな価値観を創造する

新型保証が実現しました。

既存建物地盤保証 保証内容

保証書発行日から20年間
1事故当たり最高 1,000万円(うち、対象地盤の修復費用は仮住居費用を含め1,000万円)
免責金額、縮小てん補はなし
既存の住宅・店舗等の地盤が沈下し、対象建物に財物の損壊が発生した場合、建物の原状復帰を保証します。
引渡し後から5年間以上の期間が経過していること。
建築確認申請図面一式または建築工事請負契約用最終図面一式。
当協会会員様による建物レベルチェックの結果、水平長3m以上で全て3/1,000未満。