お知らせ

2016年6月1日

2016年6月1日から事務所を移転しました

平素は、格段のご厚誼を賜り、心より御礼申し上げます。

さて、この度弊社では、本社事務所を下記に移転する運びとなりましたので謹んでご案内申し上げます。

これを機に、従業員一同皆様の信頼にお応えできますよう、倍旧の努力を重ねて参る所存でございます。

急なご案内で誠に恐縮とは存じますが、今後とも引き続き支援ご厚情を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

  • <新住所>
  • 〒110-0016 東京都台東区台東3-7-8 第7江波戸ビル203
  • <新電話番号>
  • TEL:03-5817-8487
  • <新FAX番号>
  • FAX:03-5817-8497

なお、営業部移転は6月18日(土)を予定しております。

メールアドレスの変更はございません。

一般社団法人 日本地盤協会

2016年5月8日

「熊本地震」のお見舞いと地盤調査に関するお知らせ

日頃は、当協会及び地盤保証システムに格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

早速ですが、この度、熊本県を中心とした大規模な地震により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。そして一日も早く復興されますことを、社員一同遠方からではありますが、お祈り申し上げます。

被災された皆様は、日夜、災害の後処理や、ご自宅の損壊、避難生活など精神的なご負担も多く、大変な日々を過ごされていることと思います。また、九州地区協会会員の皆様におかれましては、通常業務とは別の沈下修正相談等をはじめとする災害対応に追われ、日夜大変お忙しい日々をお過ごしのこととお察し申し上げます。

そのような中で、地震発生以前に地盤調査済の物件に関しまして、ご相談を頂戴しましたので当協会としての見解を述べさせていただきます。

当協会としては、地震発生以前に地盤調査済の物件に関しては、再調査をお勧めいたします。

これは、新築住宅の安全性を確保するために、万が一地震により建築予定地の地盤性状が大きく変わっている可能性が考えられるのであれば、再調査してより確かな基礎設計にするべきと考えるからでございます。

最終的には、お施主様と住宅会社様のご判断に委ねることになりますが、ぜひご検討いただけますよう協会会員様からもご提案ください。

引き続き、当協会並びに各保証商品をご愛顧の程併せてよろしくお願い申し上げます。

末筆ながら、皆様のますますのご発展を社員一同心よりお祈り申し上げます。

一般社団法人 日本地盤協会